自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.ハチ駆除編(事例38)

■セグロアシナガバチの駆除
受付日:平成20年8月5日
駆除日:       8月5日午後4時30分
1階と2階の間のひさしに営巣していました。
はしごを掛けて駆除をするか、1階の屋根に下りて駆除をするかの選択がありました。
はしごを掛けた場合は割り増しが付きますが、今回は窓から1階の屋根に下りられるので、
基本料金ですることになりました。
1.ハチ駆除事例38-1
直径約10㎝の巣でした。
1.ハチ駆除事例38-2
巣を回収して観察いたしました。
1.ハチ駆除事例38-3
育房室の空部屋には卵はありませんでした。
1.ハチ駆除事例38-4
〔解説〕
施主様に駆除後の確認をしていただきました。
巣の支柱部分の接着は強力で、綺麗に巣を除去することは困難です。
巣の痕を確認していただきます。

雑談になり、巣の状態に活気が見られないので尋ねました。
すると大きなハチが一月前から来ていたということでした。
ヒメスズメバチの仕業と納得がいきました。

1ケ月前から攻撃を受けているとアシナガバチの巣は滅ぶように思いました。
何故アシナガバチの成虫はまだ巣にきているのでしょうか?
さっさと他に巣を造りにいくほうが良いと思えるのですが---。
それとも一部のアシナガバチは他に営巣をしているのでしょうか?

ヒメスズメバチの攻撃にあっているアシナガバチは、
その一部は他に巣造りを始めているのでしょうか。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。