自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.ハチ駆除編(事例36)

■再び巣造りしたアシナガバチ
受付日:平成20年7月10日
駆除日:      7月12日午後1時
何回かご依頼していただいている建物管理会社様からのご依頼でした。
7月10日にご依頼があり、12日に駆除に伺いました。
玄関軒下に巣造りをしているアシナガバチがいました。
成虫は2頭でした。
住居の奥様に話を伺うことが出来ました。

1.7月5日頃に業者の方(建物管理をしている人)が2階軒下の巣を撤去した。
2.玄関の方にハチがくるようになった。5頭を目撃した。固まるようにいた。
3.2日ほど前に巣を造りだした。
4.管理会社に連絡した。
5.玄関で巣を造る方が怖いので、それだったら2階軒下の方がましだった。
6.幼児がいるので心配だ。

駆けつけた時には事情がわかりませんでした。
今回の駆除は最初の巣の撤去の後始末のようになりました。
1.ハチ駆除事例36-1
最初の巣の痕
1.ハチ駆除事例36-2
新たな巣造り
1.ハチ駆除事例36-3
アシナガバチはキアシナガバチか?
1.ハチ駆除事例36-4
育房室は2あり、それぞれに卵が産み付けられていた。
1.ハチ駆除事例36-5

〔解説〕
【駆除の立場】
最初の駆除の時に成虫対策をどうしたかがあります。
奥様に伺いましたところ、対策をしていなかったということでした。

【料金の立場】
1.最初の巣は2階軒下でした。
2.新たな巣は1階の軒下でした。巣の大きさも10㎜位しかありません。
1と2の料金は違います。
2は初期の巣の大きさと考えられますが、では初期の巣の料金でいいのでしょうか?
この時期の基準の料金からの割引として、駆除費用を説明いたしました。

ハチを捕獲しようとしましたが、逃げられてしまいました。
殺虫剤はかかっていますので、いずれ駆除となりますが---。
多分、キアシナガバチでしょう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。