自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境機器:2008年第5回PCO・TCOセミナー

環境機器(株)主催 2008年第5回PCO・TCO技術セミナー
日時:平成20年7月9日(水)9時30分~12時00分
場所:日本教育会館 一ツ橋ホール 7階
1.モニタリングデータの活用法
講師:菅野 格朗 先生
セミナー20.7.9-1

2.大型ハエ・甲虫類の同定ポイント
講師:戸島 明子 先生
セミナー20.7.9-2

〔感想など〕
1.見積りは無料でいいのか。
 たとえば工場で害虫の見積りをしてほしいと依頼があった場合、工場をみてどんな害虫がいるかわかるでしょうか。
 チョウバエがいます。コバエがいます。クモがいます。ゴキブリがいます。などなど---。
見積り時にみつけた虫でよいのでしょうか?

「見積りのご依頼ですね。わかりました。捕獲器を置いてみましょう。」=モニタリングとなれば、これは見積りのためのモニタリングとなります。
つぎにどんな虫が取れているかになり、この虫に対しては料金が○円かかりますとなるでしょう。
ここに於いて調査をしていることになります。

すなわち見積りでモニタリングと調査をしていることになってしまう可能性があります。
するとモニタリング・調査は無料になるかも知れません。

「見積りはいたしますが、モニタリング・調査は有料です」といえればよいのですが、---

2.虫をみてどんな虫かを同定することは慣れないと時間がかかるものです。
種までは分からなくてもいいという境地になれば、どこのポイントで判断するかとなります。
ポイントを押えたセミナーでしたので、実物を手にしてからの復習で身につくだろうと思いました。
ただし第三者の立場で同定してもらう利点もあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。