自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.ゴキブリ駆除編(事例38)

■体育館の点検
平成7年度から体育館の「ビル管理法に基づく点検」を実施させていただいています。
『仕様書』に沿った点検です。
いわゆる総合防除ではなく、点検で仕様がきていますので、管理者の姿勢は高く評価できます。

一般的には薬剤散布を基本とした総合防除が多いなか、薬剤散布を主としないで点検重視になっていました。

重要な場所を点検箇所にしています。
例えば、更衣室・シャワー室などです。
3.ゴキブリ駆除事例38-1

点検だけでどうなるのか---、虫の被害は起きないのか---と、心配が起きましょう。
(ネズミの点検を含む。)

平成7年度---異常なし。
平成8年度---異常なし。
平成9年度---異常なし。
平成10年度---異常なし。
平成11年度---異常なし。
平成12年度---異常なし。
平成13年度---B1F:倉庫でクロゴキブリ幼虫(小)1頭の捕獲あり。
平成14年度---異常なし。
平成15年度---異常なし。
平成16年度---異常なし。
平成17年度---異常なし。
平成18年度---異常なし。
平成19年度---B1F:倉庫でクロゴキブリ成虫1頭の捕獲あり。
本日
平成20年6月10日---1F:湯沸し室でヤマトゴキブリ成虫1頭の捕獲あり。
3.ゴキブリ駆除事例38-2

【解説】
点検ですので、飛翔昆虫の対策までは出来ません。いわゆるダニ対策もできません。
極端にいいますと、殺虫剤を散布しないでも、平成7年から平成20年まで問題はなかったということです。
蚊・甲虫・ハエなどの侵入はありますが、殺虫剤を散布しなくても、大丈夫だったということでした。
蚊・甲虫・ハエなどのを駆除するために、薬剤散布をしても、数日後に侵入してくる虫までも駆除ができるとは思えません。
問題が発生してから、駆除の対策を考えてもよいと思われるケースでした。

PCOならば薬剤を散布したらどうなるかを考慮していると思います。
必要がないならば、散布をしないほうが良いと思います。
飛翔昆虫の場合では散布した時はいなくなるでしょう。
でもその後に侵入したらどうなるでしょうか?

痒いからダニを駆除してほしいと依頼があるでしょう。
ダニの種類がわからないで散布をしていることはないと思いますが、散布後にいつまでの期間、ダニの被害はないといえるでしょうか?
床面にダニ駆除と称して散布するのと、電気掃除機で吸い上げるのとでは、効果はどちらがよいのでしょうか?
(一般家庭での場所ではなく、床面が上記写真で見る通りの、ツルツルした場合です。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。