自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.厚生省薬務課

■レベルの低い業界なんですか。
医学博士の先生に電話で尋ねてみました。
「問題のある方法だな。」

先輩に尋ねてみました。
「その業者によって、自分の営業が出来なくなるというなら話は別だが、そうでないなら、放っておけ。そういう業者は過去にもあり、現れたと思ったら、消えていくということを繰り返している。」

厚生省に電話をして、尋ねていくことになりました。
薬務課か監視指導課だったか、忘れましたが、とにかく担当者に会うことが出来ました。
担当者の机の隣に席を用意していただきました。

自己紹介をいたしました。
ロボットのやり方を説明いたしました。

「---」
素直に聞いていました。
「で、何でこちらにいらっしゃったんですか?」

私は厚生省の方がロボットの知識を持っていないように思いました。
厚生省は知っているはずということはないと思いました。
そこで単刀直入に説明いたしました。

「このやり方は薬剤の使用方法にないやり方なんです。用法・用量に何の記載もないやり方なんです。」
「何ですって。医薬品には安全のために用法・用量があります。それを守るという前提で市場に出ています。ラベルも読まないで、駆除をしているですって。お宅の業界はそんなにレベルの低い業界なんですか。」
これには私は返答できませんでした。

「ラベルを無視した業者がいます。なんらかのことはできないのですか。」
「自殺者を守る法律はありません。勝手にやって、勝手に---です。」
「危険ではありませんか。何らかの手はないんですか。」
「あります。その業者に薬剤を販売している業者がわかれば、そこに働きかけることができます。そこまでして、利益を上げたいのかと問うことが出来ます。結果的に薬剤がその業者の手に入らなければ、その方法は出来なくなるということです。」
担当者は続けました。
「今、とても忙しくて、申し訳ないですが、そちらの方に手が回らないのです。どこから仕入れているかわかりましたら、お知らせくださいませんでしょうか。」

「わかりました。しかし、今、危険なやり方をしている人には何もできないのですか。」
担当者は応えました。
「その業者をここに呼んできてください。実演していただければ、指導が必要ならば指導いたしましょう。」

ロボットの業者に再び会いに行きました。
厚生省の回答をそのまま伝えました。
「どこから薬剤を仕入れていますか?」
「そのはなしを聞いたら応えられるはずがないではありませんか。薬剤が手に入らなければ、やってはいけませんから。」
「では、厚生省の方がいらっしゃる前で実演していただけますか。そうすればこのやり方が良いのかどうかすぐにわかります。」
「冗談じゃない。鴨がネギを背負っていくようなものではないですか。行きません。」

これでロボットの問題は行き詰まってしまいました。
しかし私には新しい問題が生じていました。

※厚生省の方が忙しいといっていましたが、後日、新聞で大きな薬事法違反の摘発が載っているのを知り、このことだったのかと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。