自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.ロボット登場(4)

■禁止手です。
「殺虫剤は防疫用ですか。でしたら、ラベルを読みましたか。用法・用量にこのやり方が記載してありますか?」
「このやり方は私たちだけですので、本部の講習会で指導されていますので、その方法で実施しています。」
「危険とは思いませんか。」
「危険のないように指導を受けています。」

害虫駆除の業界を知らずに、ある日突然、講習会を受けてPCOになる事例をみる思いでした。
経験があれば防疫用殺虫剤は「医薬品」ですので、ラベルを読んで、その用法・用量を守ろうとします。
風邪薬を飲もうとする場合、1日に何回、何錠を服薬すればよいか、用法・用量を確かめるはずです。
医者から処方していただいた薬があり、それを飲むときに、別の人から指示されて、まったく違う飲み方をしているようなものでした。

「これは板状を使用するよりも、危険なやり方です。厚生省が知っていたら、なんらかの事をしているはずです。」
「厚生省は知っているはずです。食品衛生協会でも何もいいません。」
「私は神奈川県で登録していますが、このやり方では登録できないと思いますが。」
彼は免許証のようなものを提示いたしました。
身分証明書のような物でした。
東京都が発行した物でした。

神奈川県には消毒業者の取り締まり条例がありました。
全国的に登録制になったときに、神奈川県では条例を廃止いたしました。
ところが東京都では廃止をしていなかったようです。
登録ではなく、条例による身分証明書のようなものでした。

業者はプロとしてロボットをどう判断するかを知りたいようでした。
彼が私と会う理由はそこにあると思いました。
ですから、ロボットを見せ、実演までしたのではないでしょうか。

「私の立場から見ますと、これは禁止手です。危険です。現場が独立した建物ではなく、隙間があり、他の場所に流れていくと、危険です。どういう風にしていますか。」
「目張りをします。薬剤をセットして、タイマーで作動するようにします。時間がくるまで近くの喫茶店で本を読みながら待機します。時間がきたら、換気をしてロボットを回収いたします。」

素人が本部に行き、指導を受けていくと、何の疑問もなく取り入れてしまうのが理解できました。
本部で用法・用量を指導し、殺虫剤の残留分析書を見せて、食器などの洗浄の手間はいらないと説明し、明日からあなたも消毒業が出来ますといえば、そういう気になるでしょう。
上手くいけば何の問題もなく、あるいは問題があるとも思えずに、害虫駆除業をしていくでしょう。

しかし問題が生じるとどうなるでしょうか。

たとえば事故です。
駆除中の飲食店に店員が忘れ物をして、取りに入って具合がわるくなり、救急車を呼んだということを後日ある講習会で聞きました。

次にゴキブリ駆除の効果の方です。
クレームが発生して、脱サラの方は壁にぶつかると思います。
業者は仲間の指導をする立場でもあると書いていましたが、彼自身が何故そういう立場になったかを話してくれました。
本部との連絡が取れなくなり、自分が早くからロボットを使用していた経験があり、仲間から尋ねられて教えているといっていました。

禁止手を禁止手とわからないのが問題と思いました。
ですから罪悪感のようなものが発生していません。
頭の方は本部にあり、ラベルに記載していない方法といっても、本部のやり方通りにしていると答えます。
食器を洗わなくてもいいと判断しているのも本部であり、厚生省は知っているはずだといいながら、厚生省に尋ねて確認をすることはしていないのがわかりました。

私も私の意見で留まってしまいました。
危険といいながらも、それは私見止まりでした。
「厚生省に尋ねましょう。」と私は言って、別れました。

スポンサーサイト

コメント

「禁止手」について

この業者は、防疫薬剤の使用方法を逸脱し、用法・用途に抵触する疑いのある処理を行うこのロボットを、禁止手とも知らずにPCO業務として応用していた訳ですね(防疫用でもない?)。

しかし、彼はあくまでも役務を提供する一環として使用した。つまり、末端ユーザーへの販売・リース等(常設行為)はしていないと。

常設しなければ、顧客に「ロボット」と謳う必要性に欠けると思いますがどうでしょう。

また、仮に本体の販売等はあったとしても、薬剤を販売しようとなると(板状の医薬品であっても)別の資格が絡んできたりとこの問題は複雑ですね。


yositeru様
防疫用=医薬品
板状=劇薬
“?”をつけるなどの思考は停止いたします。
常設ではなく、設置して回収です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。