自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.(社)協会の理事になる。

■理事の心構えとは---
1989年に博覧会がありました。
統括者として参加させていただきました。
その期間中、協会の人たちと交流ができ、仕事などの終わりに食事に行くことがありました。

或る日、M理事様と夜に喫茶店で二人でいました。
M理事様は私に協会の理事にならないかを話しました。
「なるか、ならないか」の二者択一でした。

私は自分のことで手一杯でありました。
理事になるということは、どういうことかわかりませんでした。
引き受けたとして、私で役が務まるか不安でした。

仕事を優先にして、大丈夫ということでした。

私は未知の世界に入るようで、本当に自分で務まるか、思案していました。

「理事になるのか、ならないのか、どちらですか」とまた選択を迫られました。

「理事になると何かいいことはありますか?」
「情報が早くはいります。」

私で務まるかが、まだ引っかかっていました。
私は尋ねました。
その返事で決めようと思いました。

「理事の心構えを教えて下さい。」
するとM理事様はすぐに回答いたしました。
「心構えですか。それは公の立場に立って、発言することです。自社の立場を離れて発言することです。会員様の立場で発言することです。」

公の立場に立って発言すること---、私はそれが出来るかを自問自答いたしました。

その立場で発言することでしたら、出来るかもしれないと思い、理事をする決心が固まりました。
博覧会の終了後に、総会で理事に選任され、理事にさせていただきました。

理事の心構えとは---公の立場に立って発言すること。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。