自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.ネズミの粘着シートに餌を置くのは---(7)

■番外・続
【問い】
下記の写真を見て、PCOの方は何を思いますか?

PCO魂-3
ネズミの粘着シートのところで番外という形にしたのは「問い」だけで終わりにしようと思っていたためでした。
コメントをしてくださった同業者様がいらっしゃいましたので、私も回答をしようと思いました。
これは推測です。

現場は社員食堂の厨房です。
広さは大きい方で、比較的新しい建物です。
チャバネゴキブリは搬入くらいしか考えられない現場です。
外にグリストラップがあり、ここでクロゴキブリを目撃したことがありました。

大雑把にいいますと、ゴキブリの異常のない期間が続いています。

ベイト剤施工も他の施工と同様に長所・短所があります。

恐らくPCOはベイト剤を進んで施工をするには、気が進まなかったのではないかと思いました。
捕獲器のチェックでは問題がありません。
しかしベイト剤を使用しなければなりません。
なぜなら報告書にベイト剤施工をしたと記入しなければならないからです。

じかにベイト処理を使用できる状況ではなく、ベイトシェルターのようなものがないとしたら---

そこで捕獲器にベイト剤をくっつけた---と、思いました。

これで報告書にはベイト剤施工をしたと記入できます。

1.厨房は広く、ベイト剤をじかに処理するには気が引ける現場でした。
2.現在、ゴキブリの目撃はありませんでした。
3.捕獲器にも捕獲はありませんでした。
4.報告書にはベイト剤を使用し、記載しなければならない、PCOの事情があったと思いました。
5.複数ある捕獲器の1つだけにベイト剤がありました。

【結論】
PCOのアリバイ(ベイト施工をしました。)確保のためにしたと思いました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。