自己紹介

ペスコン

Author:ペスコン
印度菩提樹の木の下で仏陀は悟ったといいます。

“縁”で駆除された生命を供養し、根から吸収され、頭上に広がる緑の葉として、新たに蘇るように祈ります。

菩提樹をロゴとして、『正しい道』をめざします。

PCO=PEST CONTROL OPERATOR

最近の記事+コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年度指導者集中講座

(社)神奈川県ペストコントロール協会 平成20年度指導者集中講座
日時:平成20年3月25日(火)8時45分~16時00分
場所:神奈川県かながわ労働センター 4階 第三会議室
セミナー20.3.25-1

プログラム
セミナー20.3.25-2
(配布された資料を撮影いたしました。)
私が聴講して思ったこと。
1.「ネズミの生態と駆除について」
家ねずみ(ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ)は夜行性ではなく、夜行主義ということでした。安全であれば昼でも行動するということでした。

ねずみが穴を通ろうとして、途中でひっかかるねずみがいないのは、穴にヒゲが接触するだけで、通過できるか否かを判断できるからだそうです。ひげの感知は凄いですね。

IPMは総合防除ではなく、(総合防除だいろいろな虫と勘違いする場合があるので、)総合的有害生物管理(いろいろな手段で)ということでした。
特定建築物のIPMを実施するのはPCOの努力の範囲を超えているように感じました。

防そ工事はストレスを与える手段としてとらえているのを興味を持って拝聴いたしました。

2.「シロアリの生態と駆除について」
イエシロアリの実際の例が参考になりました。
巣が何処にあったのかがわかれば、駆除の方法のより確かな評価ができたかもしれませんでした。
このときにターマトラックなどのセンサーが有効かも検討していたら、もっと面白くなるだろうと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。